解決!空家サポートコラム

【保存版】遺品整理完全ガイド

【保存版】遺品整理完全ガイド

ご実家の整理(遺品整理)は、多くの方にとっていつか必要に迫られることになります。

亡くなったご家族の思い出と共に、その人物が残した物々を整理する作業は、感情的にも肉体的にも大変な作業です。

このページでは、遺品整理のプロセスや必要な手続きなど、遺品整理に関連するさまざまなトピックをご紹介します。

将来の遺品整理を考えると不安…、遺品整理をこれから始める、専門家に依頼したいなど…。
多くの方に役立つ情報をお届けします。

遺品整理についての理解を深める

遺品整理を始めるファーストステップとしては、まず必要な人々とコミュニケーションをとることが大切です。遺族や関係者全員が情報を共有し、意思疎通を図ることで、整理作業がスムーズに進みます。

以下に、遺品整理に必要な物品とサービスの例を挙げます。

  • 整理用の箱や袋
  • トラックやバン
  • リサイクル業者
  • 遺品の評価サービス
  • 清掃業者
  • 法的手続きのサポートサービス
  • 心のケアを支援する専門家や団体

詳細は以下のコラムをご参照ください。

また、遺品整理は業者に依頼することも一般的です。遺品整理にかかる費用は、お住まいの大きさや残された家財の料などにより大きく変わります。

一概に数字を示すことは難しいですが、一部の業者では基本的な作業内容に対して数十万円から百万円程度を設定している場合もあります。ただし、これはあくまで参考値であり、具体的な費用は個々の状況によります。

以下は遺品整理の費用目安の一例です。

間取り 費用の相場 作業時間
1R~ 5万~10万程度 1日
1DK・2K 8万~15万程度 1日
1LDK・2DK 12万~20万程度 1日
2LDK・3DK 15万~23万程度 1日~2日
3LDK・4DK 20万~28万程度 2日~3日
4LDK・5DK~ 26万~ 2日~

詳細は以下のコラムにまとめています。

遺品整理と不用品回収の違いについてはこちらにまとめています。

遺品整理のタイミングについて

遺品整理を実施するタイミングについては、四十九日の後や葬儀後など、区切りの良いタイミングが選ばれることが一般的です。

遺品の取り扱いについて

遺品整理と関連の深い「供養」や残された写真の取り扱いについても解説しています。

供養は故人の魂を慰め、我々自身が故人との別れを受け入れ、前へ進む力を得るための重要な手段となります。

たとえば、ある家族が父親の遺品整理を行うとします。父親の好きだった本、趣味の道具、写真などを通じて、彼らは父親の人生を思い出し、彼の存在を尊重することができます。

遺品として残された写真を取り扱う際に、一番大切なのは、写真に写る人々のプライバシーを守ることです。
他人が写っている写真を捨てる場合は、写真が他人の手に渡らないように注意しましょう。

そして遺品整理の際に絶対に見逃してはならないのが重要書類です。
これらは故人の財産や法的手続きに関連しているため、管理や保存が必要です。

具体的には、証券、契約書、預貯金通帳などが該当します。

遺品整理を進められないときは

遺品整理は決して簡単な作業ではありません。
それは単なる片付け作業ではなく、亡くなった大切な人との最後の別れでもあるからです。

そのため、物理的な労力だけでなく、精神的なストレスも伴います。また、故人が生前愛着を持って使用していた品々を手にすると、思い出が蘇り、感情が高ぶります。だからこそ、遺品整理は時間がかかり、一歩踏み出すのも難しい作業なのです。

思い出の品へどう向き合うべきか、捨てることへの抵抗をどう克服すべきか、これらについての対策を見つけることが必要です。

精神的につらくて遺品整理を進められない場合の対処法については以下のコラムにまとめています。

遺品整理を業者に依頼する

遺品整理を業者に依頼する際に「どの業者に依頼するか」は大変重要です。遺品整理業者の信頼性を見極めるために考慮すべき事項を挙げてみます。

基準   内容
経験と実績業者のホームページやパンフレットなどで、過去の仕事の実績や経験年数を確認してみてください。また、実際のクライアントのレビューや評判も参考になります。
資格と認定遺品整理士などの資格を持っているか、または業界団体への所属なども重要な信頼の指標です。
サービスの範囲その業者が提供できるサービスの範囲を把握しておくことも大切です。例えば、遺品整理だけでなく、遺品の販売や寄付、家具の移動や清掃なども含まれているか確認しましょう。
対応の速度突然の遺品整理が必要になることもあります。その時に素早く対応してくれる業者を選ぶと、心の負担を軽減できます。

遺品整理サービスを提供している事業者は数多く存在しますので、判断軸をもって業者選定をシていきましょう。

また、業者によって大きく費用が異なる場合がありますが、一番安い業者が必ずしも一番良い業者ではないことはしっかりと把握しておきましょう。

また、予算を提示された見積もり額が予算をオーバーしてしまった場合でも、この部分は自分たちで処分する」、「不用品を分別して、後は運べばいいだけの状態にしてまとめておく」などの方法で、業者側の作業量を軽減することで費用を抑えられる可能性もあります。

遺品整理と生前整理について

将来の遺品整理を不安に思っている方は、生前整理について検討しておくのが良いでしょう。

生前整理とは、自身が存命中に自分の持ち物を自分で整理し、身の回りを整える行為のことを指します。

生前整理を行う目的は多岐にわたります。

自分の死後、残された家族が困らないようにするため、自分が死んだ後どのように自分の持ち物を扱ってほしいかを決定するため、あるいは単純に身の回りを整理し、生活をシンプルにし、心地よく暮らすためなどが挙げられます。

生前整理を行うのは主に本人ですが、高齢や体調不良などで自分で行えない場合は、家族や専門の生前整理サービスに依頼することもあります。

以下のコラムでは、生前整理をのメリット・デメリットや失敗しないコツなどをご紹介しています。

【まとめ】遺品整理完全ガイド

残された遺品を整理する『遺品整理』はとても重要な作業です。物量が多くなれば、ある程度の労力や時間などをかけなければいけません。

今回は遺品整理に関連するトピックを網羅的にご紹介しました。

本記事が遺品整理について情報を収集されている方のお役に立てれば幸いです。

家財の処分・空き家管理などは
解決・空家サポートに
お任せください

WEBからの無料見積り依頼。24時間受付中
LINEからメッセージを送る。すぐ遅れる。
お気軽にお問い合わせください!0120-221-161(042-439-6797)[受付] 9:00 ~ 18:00(水・日・祝を除く)

このコラムを執筆した人

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポートは、数多くの空き家等にまつわるお悩みを解決してきました。
ゴミ屋敷の家財整理や残置物処理、空き家の定期巡回、庭木の剪定、古くなったお住まいの解体などのお悩み解決の経験を活かし、お悩み解決に役立つコラムをお届けします。

会社概要はこちら

関連する記事