解決!空家サポートコラム

【完全ガイド】生前整理のメリット・デメリットと効果的な進め方

【完全ガイド】生前整理のメリット・デメリットと効果的な進め方

離れて住むご両親の生活の一部として実家に溜まってしまった多くのモノを見て、「どうしたらいいか分からない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが、『生前整理』です。

このコラムでは、ご両親のため、そしてあなた自身のために生前整理をどう進めるかを解説します。


遺品整理に関する幅広い情報をまとめました。こちらも併せてご確認ください。

いざというときに備えて、生前整理を始めませんか?

遠くに住んでいると、突然の事態に対応するのは大変。そんなときこそ、生前整理の大切さが浮かび上がります。まずは、生前整理の概念とその必要性を理解しましょう。

生前整理の必要性

あなたの親がこれまでの人生で集めた多くの物が家に詰まっています。

それらの一部は価値のある思い出や大切な品々かもしれませんが、一方で不要な物や保管しているだけで活用していないものも多いのではないでしょうか。このままでは、いざという時になってから後悔する事態を招く可能性があります。

生前整理を行うことで、次世代への負担を減らすだけでなく、ご自身やご家族の生活もスッキリとすることができます。それは、心の負担を軽減するだけでなく、物の管理がしやすくなり、生活の質を向上させることにもつながります。

また、散らかった荷物に躓いて転んでしまい、骨折してそのまま寝たきりに…といった家庭内で起こる事故も防止することもできます。

生前整理のメリット

生前整理には数多くのメリットがあります。

まず一つ目は、自分の大切なもの、必要なものが何かを再認識することができるという点です。これは物質的な価値だけでなく、感情的な価値も含みます。

二つ目は、心地よい生活環境を手に入れることができるという点です。余分な物がない状態は、身の回りが整っているという安心感を得ることができ、また物の管理もしやすくなります。

三つ目は、自分の意志が反映された形で次世代に物を引き継ぐことができるという点です。これにより、自分が亡くなった後も、家族が迷うことなく手続きを進めることができます。

最後に、生前整理は単なる物の整理だけでなく、自分の人生を振り返り、今後の生活を見つめ直す良い機会にもなります。

生前整理って何? ~あなたが始めるべき理由~

生前整理とは具体的に何を意味するのでしょうか。そしてなぜ私たちがそれを行うべきなのか、その理由をここで深掘りします。

なぜ生前整理を行うべきか

生前整理は、一見面倒な作業に見えるかもしれません。

しかし、この作業を行うことで得られるメリットは大きいです。例えば、自分が亡くなった後、遺された家族が物を整理する手間を省けます。

遺品整理は、喪失感と向き合いながら行うため、精神的にも物理的にも大きな負担となります。生前整理を行うことで、その負担を軽減できるのです。

また、生前整理を通じて、自分が本当に必要とするもの、大切にしたいものが何かを見つめ直す機会になります。余計なものを手放すことで、心の中にもスペースが生まれ、自分自身の生活を見つめ直すきっかけになることでしょう。

生前整理を始めるきっかけ

生前整理を始めるきっかけは人それぞれです。しかし、以下のような状況や感情が、生前整理を始める良いきっかけとなることでしょう。

  1. 自分の持ち物に囲まれて窮屈さを感じる
    自分の部屋や家が物で溢れていて、新しい物が入らない、掃除がしにくいなど、日々の生活に支障をきたすような状況は、生前整理を始める良いきっかけです。
  2. 子供や孫が家を訪れた時の見栄えを気にする
    家族が訪れるたびに片付けるのが大変、または恥ずかしいと感じる場合も、生前整理を始めるきっかけになります。
  3. 身の回りの整理が生活の質向上につながると気づく
    物の多さによるストレスや、身の回りが整理されていないことによる不快感は、精神的な安定に影響を与えます。これを改善するために生前整理を始める人もいます。
  4. 高齢になり、身体の負担を考える
    高齢になると、無理なく行える物の整理や片付けが限られてきます。早めに生前整理を始めることで、年齢を重ねた時の身体の負担を減らすことができます。
  5. 自分が亡くなった後のことを考える
    自分が亡くなった後に家族に迷惑をかけたくない、という思いから生前整理を始める人も多いです。

どのきっかけから始めても良いのです。大切なのは、自分自身が納得して、心地よい生活を手に入れるために生前整理を行うという意識を持つことです。

生前整理の”良いところ”と”気をつけるべきこと

生前整理には多くのメリットがありますが、一方で注意すべき点も存在します。ここでは、ご両親をサポートする上で把握しておくべきポイントを解説します。

生前整理の具体的なメリット

生前整理には多くのメリットがあります。以下に具体的なメリットをいくつか挙げてみましょう。

  1. 心理的な負担の軽減
    物が多くなるとそれを管理するだけでなく、物へのこだわりや保管の問題など、心理的な負担も増えます。生前整理を行うことで、これらのストレスを軽減することができます。
  2. 遺族への負担軽減
    自分が亡くなった後に遺族が遺品整理を行うことは、精神的・物理的な負担が大きいものです。生前整理を行うことで、その負担を大幅に軽減できます。
  3. スペースの確保
    不要なものを処分することで、自宅のスペースを有効に活用することができます。これにより、新しい趣味や生活スタイルに対応できるようになります。
  4. 価値ある物の見直し
    生前整理を行うことで、自分がどのような物を大切にしてきたか、どの物が本当に価値があるのかを見直すことができます。

生前整理のデメリット

生前整理にはメリットが多い一方で、一部デメリットも存在します。その中でも主なものは次の通りです。

  1. 時間と労力がかかる
    生前整理は、時間と労力を必要とします。自分一人で行うとなると、その作業は思っている以上に大変なものになる可能性があります。
  2. 感情的なハードル
    思い出の詰まった物を手放すことは、感情的に困難な場面もあるでしょう。そのため、生前整理を始める際には、自分自身の感情と上手く向き合う準備が必要となります。
  3. 必要なものまで捨ててしまう可能性
    あまりに急いで処分しすぎると、後で必要になったときに手元にないという事態が起こり得ます。そのため、慎重に必要なものと不要なものを見極める必要があります。

生前整理を行う上での注意点

まず、生前整理は一気に全てを行う必要はない、ということはありません。急ぐことなく、肉体的・感情的な負担を考慮しながら、一つずつ始めていくことが大切です。

また、まだ必要になる可能性のあるものや、価値のあるものまで捨ててしまわないように気をつけましょう。不動産の権利証やその他契約書など、重要なものは必ず1箇所にまとめて、紛失を防ぐようにしましょう。

手を動かす前に知っておきたい!生前整理のステップバイステップ

下記に生前整理のステップを詳しくご紹介します。

1. 目標の設定

まず、生前整理の目的とゴールを明確に設定しましょう。
自分が本当に必要なものは何か、どのように身の回りを整理すればよいかを決めます。例えば、「部屋をスッキリさせたい」「大切な思い出品だけを残したい」など具体的な目標を設定します。

2. 整理するエリアの選択:

全てを一度に片づけるのは大変なので、まずは部屋や区画ごと、または物の種類ごとにエリアを選びます。例えば、最初に衣類から始める、あるいはリビングをまずは整理するといった方法があります。

3. 分類

選んだエリアの中で、不要なもの、必要なもの、迷うもの、の3つに分けます。
不要なものはすぐに処分、必要なものは保管場所を確保し、迷うものについては一旦置いて考える時間を持つと良いでしょう。

4. 不要なものの処分

不要なものについてはリサイクル、販売、寄付など、適切な方法で処分しましょう。
大きな家具や家電については処分費用が発生する場合がありますので、それも計画に含めると良いでしょう。

5. 思い出品の選定

特に思い入れのある品々は、遺品として家族に渡す、または生前にプレゼントとして手渡すといった方法を考えます。
大切なものだからこそ、自分の意志で選び、後世に残すべきものを決めておくことが重要です。

6. 整理後の生活スタイルを考える

物が減った後の生活スタイルをイメージします。これにより、新たな無駄な買い物を防ぎ、持ち物をコントロールする意識を持つことができます。

失敗しない生前整理のポイント

遠くからでも効果的にサポートするためには、どのようなポイントを押さえておくべきでしょうか。ここでは、生前整理を進める上でのポイントを紹介します。

  1. 段取りを計画する
    突然始めても、途中で何をどうしたら良いのかわからなくなることがあります。
    計画を立て、どの順番でどの場所の物を整理していくか、どのくらいの時間をかけるかなどを予め決めておくと良いでしょう。
  2. 感情に振り回されない
    物には思い出が詰まっています。そのため、全てを手放すのは心情的に難しい場合もあります。
    しかし、全てを残してしまうと整理が進みません。自分にとって本当に大切な物だけを残す勇気を持つことが大切です。
  3. 外部の助けを借りる
    特に大量の物を整理するのは大変です。必要であれば、専門の生前整理サービスや親族、友人に協力してもらうのも一つの方法です。
  4. 定期的に見直しをする:
    一度整理をしても、時間が経つとまた物が増えてしまうことがあります。
    そのため、定期的に見直しを行い、自分にとって本当に必要なものだけを持つ生活を続けることが重要です。

生前整理は自分の生活を見つめ直す大切な機会です。これらのポイントを心に留めて、自分らしい整理を進めてみてください。

【まとめ】早期の生前整理と効果的な片付け

生前整理は、自分や家族の生活をより良いものにするための重要なプロセスです。心がけるべきは、慌てず一つずつ始め、感情に配慮しながら進めることです。

生前整理にはメリットが多く、スペースの確保や心の安寧はもちろん、自分自身や家族の感情と向き合う機会も提供してくれます。一方で、一方的に推し進めて、家族の感情を傷つけないように注意が必要です。

このコラムで解説したことを元に、生前整理を始めてみてはいかがでしょうか?自分や家族の生活をより良くする一助に慣れれば幸いです。

家財の処分・空き家管理などは
解決・空家サポートに
お任せください

WEBからの無料見積り依頼。24時間受付中
LINEからメッセージを送る。すぐ遅れる。
お気軽にお問い合わせください!0120-221-161(042-439-6797)[受付] 9:00 ~ 18:00(水・日・祝を除く)

このコラムを執筆した人

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポートは、数多くの空き家等にまつわるお悩みを解決してきました。
ゴミ屋敷の家財整理や残置物処理、空き家の定期巡回、庭木の剪定、古くなったお住まいの解体などのお悩み解決の経験を活かし、お悩み解決に役立つコラムをお届けします。

会社概要はこちら

関連する記事