解決!空家サポートコラム

【片付けしたい方必見!】廃品回収業者を選ぶポイントとコツを徹底解説します!

【片付けしたい方必見!】廃品回収業者を選ぶポイントとコツを徹底解説します!

「家の中を片付けたい…」、「不要な家具や生活ゴミで家の中がいっぱい…」、「相続したままの実家に家財がそのまま残っている…」このようなことでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ご自身で処分できないくらいの量があるのであれば、「不用品回収業者」に依頼するのが一般的です。しかし、数ある業者の中には悪質な業者も潜んでおり、選び方を間違えると思わぬトラブルに見舞われることも。

このコラムでは、あなたが安心して廃品回収業者を選べるよう、重要なポイントを分かりやすく解説します。

家の中の不用品を処分することは、家の中で新たに有効活用できるスペースを確保できるだけでなく、掃除がしやすくなる・整理整頓がしやすくなる、といった生活の質(クオリティ・オブ・ライフ:QOL)の向上にも繋がります。

しかし、廃品回収業者の選び方が分からない、依頼するのが面倒で後回しにしている、など、後ろ向きな理由で現状維持をされている方も少なくありません。加えて、業者選びで失敗してしまうと、余計な出費やストレスの原因となる可能性もあります。

このコラムでは、そんな不安を解消するために、不用品回収の基本から、優良業者を見極めるポイント、そしてトラブルを避けるための予防策まで、詳しくご紹介します。

あなたの家をすっきりさせるための第一歩、ここから始めてみませんか?

【メリット・デメリット】不用品回収の基本について理解しよう

このセクションでは、廃品回収業者の基本的な役割と、彼らが提供するサービスの種類について、わかりやすく解説します。

また、廃品回収業者を利用する際のメリットとデメリットも合わせてご紹介しましょう。こうした知識を持つことで、安心して廃品回収のサービスを利用することができます。

【基本】不用品回収とは

まず最初に、『不用品回収』とは、私たちの家庭から出るゴミや不要になった家具や家電、衣類などの家財を引き取ってくれるサービスです。

このサービスの大きな特徴は、重たい大型家具や家電など、一人では運び出すのが難しい大きなモノもスムーズに回収してくれる点にあります。

また、回収の際にゴミの分別も必要なありません。
自治体が行っている通常のゴミ収集では、細かい分別が求められることが多いですが、不用品回収サービスではそのような手間をかけることなく処分してもらうことが可能です。

さらに、自治体のゴミ収集では対象外となるようなアイテムも引き取ってくれるため、処分に困っている特殊なゴミや大型の廃品も安心して任せることができます。

このように、不用品回収サービスは、日常生活で発生する様々な不用品の処分を手助けしてくれる、非常に便利で実用的なサービスです。

不用品回収業者を利用するメリット

不用品回収業者を利用するメリット ●自分の都合の良いタイミングで処分できる!●不燃・ビン・缶など、手間の分別作業が不要!●重量物の移動による身体への負担・怪我を回避!●自分では処分が困難なものを楽に処分できる!
不用品回収業者を利用する4つのメリット

不用品回収サービスを利用する最大のメリットは、自分では処分が困難な大きな家具や家電製品なども、楽にかつ効率的に処分できることです。

例えば、大きなタンスをご自身で処分しようとする場合、運搬用にトラックなどをレンタルして自治体のクリーンセンターまで運ぶか、自治体の粗大ごみ専用窓口へ連絡して処分を申し込み、指定の収集場所まで移動させる必要があります。

不用品回収サービスを利用することで、手間なく効率的に処分できることが大きなメリットとなります。また、重い物を運ぶ際の身体への負担や怪我のリスクの軽減にも繋がります。

さらに、不用品回収では、一般のゴミ出しのような細かい分別の必要がありません。これにより、時間と労力を節約することが可能です。また、自分で物を運び出す手間がなくなるため、より手軽に不用品を処分できます。
※もちろん、業者側では回収後にすべて分別して、中間処理業者などを利用して可能な限りリサイクルしています。

また、利用者は自分の都合に合わせて不用品を処分することができるため、忙しい日々の中でもスケジュールを調整しやすくなります。この柔軟性は、時間に制約のある人々にとっては大変大きなメリットがあります。

以上の点から、不用品回収サービスは、忙しい現代人にとって非常に便利な選択肢と言えるでしょう。不用品回収サービスは自分での処分が困難な大型アイテムの処理から、分別の手間、そして作業に伴う身体的リスクの軽減まで、多くのメリットを提供しています。

不用品回収業者を利用するデメリット

不用品回収サービスの利用には多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットも存在します。

不用品回収業者を利用するデメリット ●危険物は引き取ってもらえない可能性が大きい●悪徳業者に依頼してしまう危険性がある●処分する量が多ければ多いほど費用がかかる
不用品回収業者を利用する3つのデメリット

最大のデメリットは、ある程度の費用がかかる点です。自分で処分する場合と比較すると、不用品サービスの利用はコストが高くなることが多く、特に大量の不用品を処分する場合には数万円~数十万円程度の費用がかかります。

例えば、自治体が行っている粗大ごみ処分に依頼すると1000円で処分してくれる場合、不用品回収業者に依頼すると、一般的におよそ5,000円~15,000円程度の費用がかかります。

自治体の粗大ゴミ回収サービスの利用料金が格安なのは、住民向けの公共事業として提供されているためです。一方、不用品回収サービスは民間企業の提供しているサービスになるため、人件費や運搬費などの経費を元に価格設定がされているためです。

また、不用品回収業界の中には残念ながら悪徳業者も存在し、適正な価格でのサービス提供を行わないケースもあります。不当な高額請求や、約束されたサービスが提供されないなどのトラブルに巻き込まれるリスクがあるため、業者選びには慎重な検討をする必要があります。

さらに、回収業者によっては、特定のものが回収対象となっていない場合があります。業者にもよりますが、例えば生ゴミや危険物、ペンキや工業用オイルなど、特殊な処理が必要な一部の品目については別途処分方法を考える必要があります。

これらのデメリットを十分に理解し、サービスの選択を行うことが重要です。信頼できる業者の選定、サービスの内容と料金の確認、そして回収対象となるアイテムの明確な理解を行うことで、不用品回収サービスの利用時に生じうる不都合を最小限に抑えることができるでしょう。

不用品回収業者の選び方【優良事業者に依頼しよう】

たくさんある業者の中からどうやって選べばいいのか、迷ってしまうこともあるでしょう。

このセクションでは、良い業者を見分けるためのポイントを紹介します。これまでの実績や経験、透明な料金体系など、失敗しない不用品回収業者の選び方を解説します。

事業者に関してのチェックポイント

不用品回収業者の選定において、業者の実績と経験の長さは非常に重要なチェックポイントです。

長年にわたる業務実績は、その業者が提供するサービスの信頼性と効率性を示す指標になります。
また、経験豊富が豊富であれば、さまざまな状況に対応する能力や問題解決のスキルを有していると考えられるため、スムーズで信頼できるサービスを期待できます。

また、業者のウェブサイトやレビューサイト、ソーシャルメディアなどを利用して、過去の依頼者のリアルな声を確認することも重要です。

さらに、問い合わせる際は、その業者が対応可能なエリアを確認しておくことも大切です。
特定の地域でしかサービスが提供されていない場合、せっかく問い合わせても無駄になってしまう可能性がありますので、利用可能なエリアの範囲はしっかりと確認しておきましょう。

最後に、回収後のクレーム対応やアフターケアの有無は、業者のカスタマーサービスの質と顧客満足度を判断する際の重要な指標です。
回収作業後に問題が発生した場合の対応策があるかどうか、また、継続的なサポートや保証が提供されているかを確認できれば、安心してサービスを利用することができます。

上記のような情報をできる限り収集して、総合的に考慮することで、不用品回収業者を選ぶ際により確かな判断ができるようにしましょう。

料金に関してのチェックポイント

不用品回収業者を選ぶ際には、「一体いくらかかるのか?」という費用に関する不安が一番大きいと感じている方も多いのではないでしょうか。

その不用品事業者が信頼できるかどうかを判断するためには、WEBサイトなどに料金体系が明確に提示されているかどうかが重要です。

サービスの費用(総額)を明確に掲載している業者はある程度信頼できる不用品回収業者と考えてよいかと思います。
料金目安が公開されていることで、依頼者は想定していなかった費用を請求されるリスクを避けることができます。

もちろん、回収する不用品の量や設置状況、立地などの諸条件によって、回収費用が増減することは十分考えられますが、その場合であっても必ず事前に説明をしてくれる業者を選びましょう。

さらに、見積内容が正確かどうかも重要です。
見積内容に「不用品回収一式」としか書かれていない場合、作業範囲が明確でないため、後々のトラブルの原因になる可能性があるため、注意が必要です。

逆に、サービスの範囲、追加料金が発生する可能性のある条件、その他の関連費用などが含まれている詳細な見積もりであれば、そのようなトラブルが発生する可能性も低くなります。

ただ、一軒家まるごとの不用品回収などの大量の不用品処分をする場合などは、1つ1つの項目を記載するのではなく、「一式」として見積書を提示されることが一般的です。

また、キャンセル時の対応に関する規約も重要です。
予約のキャンセル料が発生するかを事前に確認しておきましょう

以上のチェックポイントは、不用品回収業者を選ぶ際に、利用者が安心してサービスを選べるようにするための基本的な事項です。詳しくリサーチすることで、予算に合った最適なサービスを見つけることが可能になります。

【TIPS】不用品回収業者の選び方のコツ

ここからは良い不用品回収業者を選ぶためのちょっとしたコツをお伝えします。業者を選び時の参考にしてください。

不用品回収業者の料金体系を理解する

不用品回収業者と言っても、色々なタイプの事業者が存在します。

少量の家具や家電を1点から回収するような小回りの効く事業者の多くは、回収する品目ごとに回収の価格を決めている場合が多いです。例えば、タンス1点で5,000円、冷蔵庫(400L)で1点8,000円といったイメージです。

このタイプの業者は、かなり明確に事前に費用の総額がわかるため、安心して依頼できる反面、①回収点数が多くなると高額になりやすい点と、②多くの場合、最低出張料が定められている点に注意が必要です。

上記の小回りの効く業者とは異なり、1.5t~の大きいトラックで大量の不要品を回収する業者の場合、品目ではなく、回収品目の物量(3立米、など)や部屋数(3LDK)などで料金設定されていることが一般的です。
この場合は、個別に価格設定がされている業者と異なり、料金は分かりづらくなりますが、不用品一式で計算されるため、割引額などが大きくなる傾向にあります。

自分が依頼しようとしている業者がどのタイプの業者なのかをしっかりと見極めて、上手に見積りを依頼するようにしましょう。

相見積りをとる

不用品回収の費用をできるだけ安く済ませたいのであれば、複数業者から見積もりをとる「相見積り」をすることをおすすめします。

相見積りをとる際は、業者の地域や業者の規模などを分けて、依頼をするようにしましょう。3社程度に依頼すれば、ある程度しっかりとした相場感を把握することができます。

一般的に企業規模が大きくなればなるほど処分費用は高くなり、中小零細事業者の場合は規模が小さく小回りや融通が効く分、コスト面では劣る傾向があります。

中には異常なほど安い金額で見積りを出してくる業者もありますが、そのような場合は回収物の不法投棄や当日の高額請求などトラブルの可能性があるので注意が必要です。

口コミや事務所外観などを調べる

不用品回収事業者のWEBサイトだけではなくX(元Twitter)などで情報収集をすることも役に立つ可能性があります。
口コミサイトの口コミだと、実際にサービスを利用した人の口コミか分かりづらいですが、個人アカウントが発信している内容であれば、ある程度信憑性があります。

また、GoogleMapのストリートビューで不用品回収事業者の事務所の外観を調べて見ることをおすすめします。事務所の場所がただの個人宅だったり、更地だった場合は、注意が必要かもしれません。

【まとめ】廃品回収業者を選ぶポイントとコツを徹底解説

このコラムでは不用品回収業者を選ぶ際の重要なポイントとコツをお伝えしました。業者の実績と経験の長さ、透明な料金体系などは、選択の際に重要な基準となります。また、業者のウェブサイトの確認、対応エリアの明確化、アフターケアの有無なども考慮に入れることで、より安心してサービスを利用することができます。

このコラムが、皆様の不用品回収業者選びに役立つ情報を提供できたことを願っています。安心して、あなたのニーズに最適なサービスを見つけてください。

家財の処分・空き家管理などは
解決・空家サポートに
お任せください

WEBからの無料見積り依頼。24時間受付中
LINEからメッセージを送る。すぐ遅れる。
お気軽にお問い合わせください!0120-221-161(042-439-6797)[受付] 9:00 ~ 18:00(水・日・祝を除く)

このコラムを執筆した人

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポートは、数多くの空き家等にまつわるお悩みを解決してきました。
ゴミ屋敷の家財整理や残置物処理、空き家の定期巡回、庭木の剪定、古くなったお住まいの解体などのお悩み解決の経験を活かし、お悩み解決に役立つコラムをお届けします。

会社概要はこちら

関連する記事