解決!空家サポートコラム

【スムーズな家じまい 完全ガイド】後悔しない実家のしまい方

実家が空家に…。今後誰も住まない…。家じまい完全ガイド

親が実家を出て施設に入る、実家から引っ越して同居を始める、など、実家の「家じまい」が必要になる状況は様々です。

このコラムではでは、家じまいの準備から始まり、整理整頓のヒント、それにトラブルを避けるためのアドバイスまで、一連のプロセスを詳しく解説します。

【はじめに】家じまいとは

家じまいという言葉に触れると、多くの人々は引っ越しや生活の変化を想像するかもしれません。

しかし、それは単に物理的な移動以上のものです。家じまいは、過去とのつながりを整理し、新たな生活へと向かう一つの大切なプロセスなのです。

このコラムでは、「家じまい」の意味とその目的、そしてなぜ我々が家じまいを経験するのか解説していきます。

家じまいの定義と目的

「家じまい」という言葉を耳にしたことがありますか?

この言葉は、一般的には自宅を整理し、片付ける行為を指します。具体的には、家具や家電、衣類などの身の回りの物を整理し、不要なものを処分するとともに、新しい生活環境へと移行する準備を進めることです。

家じまいの主な目的は、生活環境の変化に対応し、心地よく新たなスタートを切ることにあります。

例えば、引っ越しや高齢による生活スタイルの変化、家族構成の変化など、様々な状況で家じまいが必要となります。その際に大切なのが、無駄なものを手放し、新しい生活環境に適応すること。そのためにも、物の整理や処分、新生活の準備が重要な役割を果たします。

そして、家じまいはただ物を片付けるだけでなく、心の中もスッキリさせる機会でもあります。自分が本当に必要とするものは何か、何を大切に生活していきたいのかということを考えるきっかけになるのです。

片付けた後のすっきりとした生活空間は、心地よさだけでなく、生活の質を向上させる効果もあります。

以上が「家じまい」の定義とその目的です。これから家じまいを予定している方、考えている方にとって、これからの説明が少しでも参考になれば幸いです。

家じまいが必要となる状況

私たちの生活は常に変化しています。それは家庭環境においても同じで、そういった変化の中で「家じまい」が必要となるシチュエーションはさまざまです。

一つ目として、引っ越しを挙げることができます。

新しい職場や学校への進学、家族の増減など、さまざまな理由で生活の場を移すときには、古い生活の終わりと新しい生活の始まりをスムーズにつなげるために家じまいが欠かせません。

二つ目は、生活スタイルの変化です。
子供が成長し独立したり、親が高齢化したりすると、生活のリズムや必要な物が変わります。そのときに、これまでの生活から新しい生活スタイルへの移行をスムーズにするためには、家じまいが大いに役立ちます。

また、三つ目としては、大きなライフイベントがある場合も家じまいの機会となります。

例えば、結婚や出産、離婚や遺族となったときなど、生活環境が大きく変わる瞬間です。そういった時期には、新たな生活に向けて古い生活を整理し、新しい生活空間を作り出すために家じまいが必要となるのです。

そして、それぞれのシチュエーションでは、物理的な生活環境だけでなく、心の中も新たなステージに移行するための準備が必要となります。家じまいは、その心の整理をする絶好の機会ともなります。

家じまいに向けた準備の大切さ

人生の中で大きな変化を迎える際、その準備はとても重要となります。

それは家じまいも同様で、しっかりとした準備が新生活のスタートをよりスムーズにし、心地よいものにしてくれます。

まず、物理的な面から見てみましょう。家じまいを行うことで、不要な物を処分し、生活に必要な物だけを残すことが可能となります。これにより、新居では必要最低限の物で生活を始めることができ、生活がシンプルになると共に、管理が容易になります。

また、家じまいは心の準備にもつながります。所有物を整理し、片付けることで、過去を振り返りつつ新たな生活に思いを馳せることができます。これは新しい生活への期待感を高めると同時に、過去からの切り替えを促します。

さらに、家じまいを通じて、自分自身のライフスタイルや価値観について再考することも可能となります。どのような生活を送りたいのか、何を大切にしたいのかといった自分自身の望みを明確にする機会となります。

しかしながら、家じまいは時間と労力を必要とする作業です。

だからこそ、早めの準備と計画が重要です。どのように進めていくべきか、何を準備すべきかをしっかりと理解しておくことで、家じまいをスムーズに進め、新たな生活へとステップを踏み出すことができます。

家じまいのきっかけ

人生は常に変化と成長の連続です。

引っ越し、老後の生活、家族構成の変化など、さまざまなライフイベントが家じまいを促します。この章では、そうした様々なきっかけを深堀りし、家じまいの理由や背景を理解するお手伝いをします。

引っ越しや生活環境の変化

家じまいは物理的な変化だけでなく、心の中でも大きな変化をもたらします。新しい環境への期待感、不安、懐かしさ、解放感…それぞれの人により感じる心情はさまざまです。

初めに、家じまいは新しいスタートを象徴します。これから始まる新生活への期待感やわくわく感があふれ、前向きなエネルギーを感じる人が多いでしょう。

新たな環境、新たな出会い、新たな生活。そういった未来への期待は、家じまいの大きなモチベーションになります。

しかし、一方で不安もあるでしょう。新生活での問題や困難、未知のことへの恐怖。これまで慣れ親しんだ生活を離れることは、確かに大きな挑戦です。だからこそ、家じまいの準備を進めることで、その不安を和らげることができます。

また、過去の生活を振り返るとき、懐かしさや寂しさを感じることもあるでしょう。だけど、その気持ちを大切にしながらも、前を向いて進む勇気が必要です。

そして、家じまいを完了したときには、多くの人が解放感を感じます。これまでの生活から一歩進み、新しいステージに立つ準備が整ったとき、その達成感はとても大きなものです。

家じまいはそうしたさまざまな感情を経験する大切な過程です。それぞれの感情を受け入れながら、前を向いて新しい生活へと進んでいきましょう。

老後や介護のための家じまい

我々の生活は年齢とともに大きく変わります。

特に高齢になると、生活スタイルや住環境に変化が求められることがよくあります。その一つが、老後や介護を理由とした家じまいです。その具体的なシチュエーションを探ってみましょう。

高齢者の家じまいが必要となる主な理由は、健康状態の変化や日常生活の支援が必要となった時です。

例えば、一人暮らしの高齢者が体調を崩し、日常生活に支障をきたすようになった場合、家族の家や介護施設に移ることで生活の安全を確保することが求められます。このときに必要となるのが家じまいです。

また、介護が必要となった場合でも同様です。自宅での生活が困難になった高齢者は、介護施設やサービス付き高齢者住宅に移ることで、日々の生活を適切に支えられるようになります。その際に、元の住居を整理するための家じまいが必要となります。

それぞれの状況に応じて家じまいの方法は変わりますが、高齢者の家じまいには多大な労力と時間が必要となります。

家具の移動や大量の荷物の整理など、物理的な作業はもちろんのこと、感情的な負担も大きいです。そこで役立つのが、高齢者向けの家じまいサービスです。

高齢者向けの家じまいサービスでは、専門的な知識と経験を持つスタッフが丁寧に家じまいをサポートします。

物の整理から運搬、そして新しい生活環境への移行まで、一連の流れをスムーズに行うことが可能です。これにより、高齢者自身やその家族が抱える心身の負担を大幅に軽減することができます。

老後や介護のための家じまいは、高齢者の安心した生活のために重要なステップとなります。

困難な状況に直面した際は、適切なサポートを受けつつ、スムーズな家じまいを実現することが大切です。一見大変そうに見える家じまいですが、プロの手を借りることで、思ったよりもスムーズに進行します。

そうすることで、新たな生活環境への移行も円滑に行え、高齢者自身が安心して新生活を送ることが可能になるのです。

また、家族にとっても、高齢者が安全で快適な環境で生活できることは何より大切なこと。負担が大きくなりがちな家じまいも、専門のサービスを利用することで、精神的な安心感を得られます。

老後や介護のための家じまいは、一人一人の状況により、その方法も変わってきます。しかし、その中心にあるのは、高齢者が安心して新しい生活を始められること。そのために、適切な家じまいの準備と進行が求められるのです。

家族構成の変化による家じまい

家族構成の変化は、家じまいの大きなきっかけとなることがあります。

例えば、子どもが独立したり、夫婦二人だけの生活になった場合、以前のような広い家が必要ないと感じることがあります。その結果、より小さな住まいへ引っ越すことで生活がシンプルになり、生活コストも抑えられるというメリットが生まれます。

また、反対に家族が増える場合もあります。

結婚や出産、親と同居することになった場合など、より広いスペースが必要になることもあります。その際には新しい家を購入するか、または家を改装するなどして、新たな家族構成に合った生活環境を作り上げることが求められます。

家族構成の変化による家じまいは、新たな生活スタイルに適応するためのステップとも言えます。その過程で、これまでの生活を見つめ直し、新たな生活の準備を進めていくことで、家族全員が新しい生活に満足できるようになることでしょう。

家じまいの準備

家じまいは一夜にして成功するものではありません。

計画的な準備が必要です。何をどのように準備するのか、どのタイミングでスタートすれば良いのか、そして不要品の整理と処分はどう行えば効率的なのか。この章では家じまいの準備について一緒に考えていきます。

準備スタートのタイミング

家じまいを始める最適なタイミングは、一概には定められません。なぜなら、家じまいの必要性やその規模は人それぞれ異なるからです。

しかし、一つ言えることは、慌てず、じっくりと計画を立てることが大切だということです。早めに準備を始めることで、スムーズに家じまいを進めることができます。

そのためには、まず準備期間の見積もりとスケジュール作成が必要になります。

例えば、不要品の整理や新居の準備、引っ越し業者の手配など、家じまいに必要なタスクをリストアップし、それぞれにどのくらいの時間が必要かを見積もりましょう。

そして、それを元にスケジュールを作成します。 スケジュール作成に際しては、時間管理のための具体的な方法を活用すると良いでしょう。

例えば、カレンダーやスケジュール帳、さらにはスマートフォンのスケジュールアプリなどを用いて、各タスクの期限を明確にすることが重要です。また、余裕をもったスケジュール作りを心がけると、予想外のトラブルにも柔軟に対応できます。

準備の具体的なステップ 

家じまいの準備には、具体的なステップがあります。

まず、最初のステップとして、不要なものを整理し、必要なものだけを選び出すことが重要です。その後、新居でどのように配置するか、またはどのように処分するかを決定します。

この段階では、精神的な負担を軽減するためにも、思い出の品や価値あるものから始めると良いでしょう。

各ステップでは、家族や友人からの助けを借りたり、専門の家じまいサービスに依頼したりすることも考えられます。

また、準備ステップの進行中には、新居の状況や自分の体力、時間などを考慮することが大切です。例えば、体力があるうちに重い家具や大量の荷物の整理をするなど、タスクの優先順位を決めることが重要です。

タスクの優先順位を決めるためのアドバイスとしては、緊急性と重要性の2つの観点から考えると良いでしょう。

緊急性の高いタスク、重要だが緊急性の低いタスク、重要性も緊急性も低いタスクというように、タスクをカテゴライズすることで、何から手をつけるべきかが明確になります。

最後に、家じまいの準備にはチェックリストの提供も有効です。

これにより、何をすべきか、何が残っているのかを一目で確認することができます。このチェックリストは、家じまいをスムーズに進めるための大切なツールと言えるでしょう。

以下はチェックリストの一例です。


【不要品の整理】

 □家中の各部屋を見て、不要なものを選び出す
□売却、寄付、または処分するアイテムを分類する
□特別な処分方法が必要なもの(電子製品、危険物等)を特定する

【残りのアイテムの仕分け】

□ 新居に持っていくアイテムのリストを作成
□ 大きな家具や家電製品の移動計画を立てる
□重要書類、個人的な思い出の品、価値あるアイテムを安全に保管する場所を準備する

【引っ越し業者の選択】

□ 引っ越し業者の見積もりを取る
□ 業者との契約を結ぶ
□引っ越し日を確定する

【引っ越し日の準備】

□ アイテムのパッキング
□引っ越し業者への指示を確認
□引っ越し前の最終的な清掃
□引っ越し後の確認
□全てのアイテムが新居に適切に移動されたことの確認
□不要なパッキング資材の処分
□配送ミスや損傷をチェック


不要品の整理と処分

不要品の整理と処分は家じまいの準備の大切な一部で、ここをうまく進行することで効率的に家じまいを進めることができます。

不要品の選別は一見すると面倒な作業に思えますが、自分が本当に必要なものだけを残すという意味では大切なプロセスです。

まず、全てのアイテムを一つずつ手にとって、「本当に必要か?」「これからも使うのか?」と自問自答することが大切です。

一部の人にとっては、物を手放すことは困難かもしれませんが、ここで感情ではなく、現実的な観点から判断することが求められます。

たとえば、3年以上使用していない衣服や、古い雑誌、壊れている家具などは明らかに不要なアイテムと言えるでしょう。

次に、不要品のリサイクルや処分方法について考えましょう。

家具や家電製品はリサイクルショップに買い取ってもらう、または市町村の大型ゴミ処理システムを利用することが一般的です。小物や衣類はリサイクルボックスやチャリティショップに寄付すると良いでしょう。

また、特殊な処分方法が必要な物品(電池や蛍光灯など)については、適切な手段で処理することが大切です。

ただし、この過程で感じるストレスを無視することはできません。

物を手放すことは、記憶や経験と切り離すという意味でもあり、それがストレスにつながることもあります。

このストレスを軽減するためには、一度に全てを片付けようとするのではなく、少しずつ片付けを進めることが効果的です。また、大切な思い出の品は写真に撮るなどして、形として残すことなく記憶として保持する方法もあります。

家じまいは新しい生活への一歩でもありますので、物の整理を通じて自分が本当に必要なものだけを選び、新しい生活をスタートさせる準備を整える機会と考えてみてください。

家じまいの手順

家じまいは、単に物を片付けるだけではありません。

一連のプロセスとステップを経て初めて完成します。計画作成から具体的な手順、そしてトラブルを避けるための注意点まで、この章では家じまいの流れを詳しく解説します。

手順の概要と計画作成

家じまいは大変そうだと感じられるかもしれませんが、きちんと計画を立てて進めることで、想像以上にスムーズに事が運びます。

まずは、家じまいの全体的な流れを把握することから始めましょう。

家じまいには、大まかに「事前の準備」、「当日の作業」、「後処理」の3つのフェーズが存在します。それぞれのフェーズで何をするべきなのか、頭に描いておくことが大切です。イメージを掴むことで、全体の流れが見えやすくなりますよ。

次に、家じまいの計画書を作ることをおすすめします。

何から手をつけて、どの順番で進めていくべきかが一目でわかる計画書があると、無駄なくスムーズに作業を進められます。日程や必要な準備物を一覧にしておくと、忘れ物もなく、安心して作業に取り組むことができます。

そして、家じまいについてよくある疑問や不安も一緒に解消していきましょう。「家じまいにどのくらいの時間がかかるのか」、「どの業者に頼むのが良いのか」など、普通に思うことだと思います。そんな疑問も一つひとつ解き明かしていきます。

家じまいを成功させるためには、計画性が必要不可欠です。先の見通しを立て、準備を整え、疑問や不安を解消することで、安心して家じまいに取り組むことができるでしょう。

具体的な手順とチェックポイント

家じまいのプロセスは、大まかに準備、実行、そして後片付けの3つのステージに分けることができます。

準備段階では、不要物の整理や新居の準備などを行います。実行段階では、荷造り、運搬、新居での荷解きなどが主なタスクになります。

後片付け段階では、旧居の最終清掃や各種手続きなどが含まれます。

家じまいを進める際には、各ステージのタスクを具体的にリスト化し、それらが完了したらチェックを入れることで進捗を把握しやすくなります。

具体的なタスクには、「不要物の選別・処分」、「荷物の梱包」、「新居の準備」、「引越し業者との打ち合わせ」、「新居での荷解き・整理」、「旧居の清掃」などがあります。

これらのタスクを順序立てて進行することが重要です。

全てのタスクが独立しているわけではなく、一部のタスクは他のタスクが終了しなければ開始できません。例えば、「新居での荷解き・整理」を始める前に、「引越し業者との打ち合わせ」や「荷物の梱包」が完了していなければなりません。

また、「旧居の清掃」は基本的に最後のタスクとなります。そのため、各タスクの優先順位を適切に設定し、それに従って作業を進めることが大切です。

トラブルを避けるための注意点

家じまいは楽しい経験であることもあれば、思わぬトラブルに見舞われることもあります。

具体的なトラブル事例としては、荷物の損壊や紛失、新旧住所の手続きミス、家具の設置問題などが挙げられます。これらは些細なミスや見落としによって生じることが多く、適切な予防策を講じることで回避可能です。

例えば、荷物の損壊や紛失を防ぐには、丁寧な梱包と荷物の整理が必要です。

壊れやすいものや貴重品は特に慎重に梱包し、どの箱に何が入っているかを記録しておくと良いでしょう。また、新旧住所の手続きミスを防ぐためには、必要な手続きのリストを作成し、その完了を確認することが重要です。

手続きは引越し前に早めに始め、余裕をもって進めると安心です。 また、家じまいをスムーズに進めるためには、信頼できる家じまいサービス会社の選び方も重要なポイントです。そのためには、口コミや評判を確認し、複数の業者から見積もりを取り比較することが有効です。

また、契約前にサービス内容や費用の詳細をしっかりと確認し、不明点は遠慮せずに質問することも大切です。このようにして、自分のニーズに最も合ったサービスを提供してくれる業者を選びましょう。

【Q&A】家じまいに関するよくある質問

家じまいには多くの疑問がつきもの。時間や費用はどれくらい必要なのか、プロに頼む場合と自分で行う場合の違いは何か、家じまい後の新生活はどうなるのか…。

家じまいに関するよくある質問に対する答えを提供します。

家じまいにかかる時間や費用は?

家じまいにかかる時間や費用は、個々の状況や需要により大きく変わりますが、一般的には数週間から数ヶ月、費用は数万円から数十万円と言われています。部屋の大きさ、物量、遠さなどが要因となります。

ただし、注意すべき点は、これらの時間や費用はただの概算であり、必ずしもあなたの状況に合致するわけではないということです。具体的な数値を出すためには、自分の物量を正確に把握し、移動先との距離、新居の大きさ等を考慮する必要があります。

また、時間や費用を削減する方法もいくつか存在します。例えば、余分な物を事前に整理・処分して物量を減らす、平日やオフシーズンに家じまいを行う、友人や家族に手伝ってもらうなどです。

特に不要品の処分は引越し費用を大きく抑えるポイントで、販売や寄付なども検討してみてください。

プロに頼む場合と自分で行う場合の費用について考えると、一見すると自分で行う方が安いように思えますが、その際は自分の時間や労力、トラブルリスクも考慮に入れるべきです。

プロに頼む場合、それらはプロの手に委ねられ、スムーズに家じまいを進められるというメリットがあります。

一方で、自分で行う場合は、その全てを自己管理しなければなりませんが、その分コストを抑えられる可能性があります。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自分の状況とニーズに合わせて選択することが大切です。

プロに頼む場合と自分で行う場合の違いは?

家じまいを成功させるには、プロに依頼するか自分で行うかという重要な選択肢があります。どちらの方法にもそれぞれメリットとデメリットが存在しますから、それらをしっかりと理解した上で最適な選択をすることが大切です。

まずプロに頼む場合のメリットとしては、以下のような点があります。

専門的な知識と経験:プロは家じまいの全体的な流れや具体的な手順を理解しており、効率的に作業を進めることができます。

時間と労力の節約:自分で家じまいを行うとなると、時間と労力が大きくかかるものですが、プロに依頼するとその負担を軽減することが可能です。

安全な作業:重い家具の移動や大量の荷物の運搬など、家じまいは身体的にも危険が伴いますが、プロに依頼すれば安全に作業を進めることができます。

一方、デメリットとしては以下のような点が挙げられます。

費用:自分で行うよりもプロに依頼する方が費用が高くなる傾向にあります。

自分の要望を伝えることが難しい:プロに任せると自分の細かい要望が反映されにくい場合もあります。

次に、自分で行う場合のメリットとデメリットについてです。

メリットとしては:

費用節約:プロに依頼する費用を節約することができます。

自分のペースで作業ができる:自分の都合に合わせて作業を進められます。

自分の意志が反映されやすい:自分の要望に応じて物を選び、配置することができます。

デメリットとしては:

時間と労力がかかる:家じまいは大掛かりな作業であり、自分一人で行うとなると大変な時間と労力が必要になります。

専門的な知識が必要:適切な梱包方法や家具の運搬方法など、家じまいには専門的な知識が必要となります。

これらのメリットとデメリットを踏まえ、自分の状況と要望に合わせて、最適な選択をすることが求められます。そのためには、自分の体力やスケジュール、予算、そして物へのこだわりなど、自分自身の状況を正直に評価することが大切です。

具体的には、時間と体力が余裕があり、自分の手で一つひとつ丁寧に処理したいという思いがある方は、自分で家じまいを行うのがおすすめです。

一方で、時間的な制約や体力的な問題がある場合、またはスムーズに進行させたいという要望がある場合は、プロに依頼する方がよいでしょう。

また、プロに依頼する際には、自分の要望をしっかりと伝えることも重要です。それにより、自分が心地よく過ごせる新たな生活空間をつくり出すことが可能となります。

結局のところ、自分で行うかプロに頼むかは、個々の状況とニーズによる選択となります。

一概にどちらが良いとは言えないため、それぞれの特性を理解し、自分自身のライフスタイルに最も適した方法を選ぶことが家じまいをスムーズに進めるための秘訣です。

家じまいの後の生活について

家じまいが完了し、新しい生活が始まる時、戸惑いを感じることも多いでしょう。

環境が一新され、過去とは異なる日常を送ることになるためです。しかし、そのような変化も新たなスタートを切る良い機会ととらえ、ポジティブに進んでいきましょう。

新しい生活を始める際の一つのアドバイスは、新しい環境でのライフスタイルを予め考え、それに基づいて新たな家具や家電を選ぶことです。新生活に合わせた生活用品の選択は、生活をより快適にし、ストレスを減らす助けとなります。

さらに、家じまい後のメンタルケアも重要です。

人間は環境の変化にストレスを感じやすい生き物であり、新しい環境に順応するまでには時間がかかる場合もあります。

そこで役立つのが、リラクゼーションの時間を作ること。好きな音楽を聴いたり、趣味の時間を作ったり、または新しい環境で新しい趣味を始めてみたりするといった小さな自分へのご褒美が、メンタルケアに繋がります。

そして、新しい環境への順応を助けるためには、新しいコミュニティに積極的に参加することも大切です。新しい近所の人々との交流を持つことで、心地よさを感じ、新しい場所での生活に馴染むことが容易になります。

家じまいは生活の一部を終え、新しいステージに進むための一歩です。新たな環境での生活が始まったら、今までの経験を活かし、新しい日々を楽しむための準備をしましょう。それが新たなスタートを切るための良い方法と言えるでしょう。

【まとめ】家じまいを成功させるために

家じまいは一見すると複雑で大変な作業に見えるかもしれません。

しかし、我々がこの記事で説明したように、適切な計画と手順、そして心構えがあれば、問題なくスムーズに進行させることができます。

まず大切なのは、家じまいのタイミングと準備をしっかりと計画すること。

それにより無駄な労力や時間を省くことができ、全体の作業をスムーズに進められます。次に、不要品の選別と処分は、新生活を清々しくスタートさせるために欠かせないステップです。

そして、家じまいの手順を明確にすることで、予期せぬトラブルを避け、計画通りに進めることが可能となります。

また、プロの家じまいサービスを利用するか、自分で行うかは、個々の状況や能力、時間、費用などにより異なります。どちらを選ぶにしても、事前の準備と情報収集が重要という点は変わりません。

そして最後に、家じまい後の新生活への適応です。新しい環境になじむためのヒントやメンタルケアの方法も覚えておきましょう。

家じまいは新しい人生のスタート地点でもあります。まさに人生の新たな章が開かれる瞬間です。それは時には大変で、複雑な作業を伴うこともありますが、終わりから始まりへの大切な一歩でもあるのです。

我々は、あなたがこの記事を通じて家じまいについての理解を深め、準備や実行、そして新生活への移行を円滑に進められることを心から願っています。

家財の処分・空き家管理などは
解決・空家サポートに
お任せください

WEBからの無料見積り依頼。24時間受付中
LINEからメッセージを送る。すぐ遅れる。
お気軽にお問い合わせください!0120-221-161(042-439-6797)[受付] 9:00 ~ 18:00(水・日・祝を除く)

このコラムを執筆した人

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポートは、数多くの空き家等にまつわるお悩みを解決してきました。
ゴミ屋敷の家財整理や残置物処理、空き家の定期巡回、庭木の剪定、古くなったお住まいの解体などのお悩み解決の経験を活かし、お悩み解決に役立つコラムをお届けします。

会社概要はこちら

関連する記事