解決!空家サポートコラム

50代こそ断捨離のチャンス!失敗しない片付けのポイント

50代こそ断捨離のチャンス!失敗しない片付けのポイント

「50代になったけれど、断捨離はいつ頃からはじめればいいの?」とお悩みではありませんか。

実は、50代は断捨離を始めるのに最適なタイミングです。本コラムでは、50代で断捨離をすべき理由や、基本の手順、失敗しないコツなどを詳しく解説します。

後悔のない断捨離を実現し、シンプルで快適なセカンドライフを送るために、ぜひ参考にしてみてください。

50代で断捨離をすべき理由

50代は、断捨離に適したタイミングだと言えます。その理由は以下の3つが挙げられます。

  1. 体力や気力が十分にある
  2. 60代を過ぎると入院リスクが高まる
  3. 老後に向けて必要な物と不要な物の判断がしやすい

体力や気力が十分にある50代は、断捨離に取り組みやすい時期です。断捨離では、重い家具やゴミを運び出す必要があり、体力が必要になります。60代や70代になると、体力が減少し、やる気も起きにくくなるため、身体への負担が少ない状態で無理なく作業に取り組める50代が最適です。

また、60代を過ぎると入院リスクが高まります。厚生労働省の調査によると、50代前半と60代後半では入院人数が倍近く差が出ており、65歳を過ぎると入院リスクが急上昇することがわかります。もし突然入院した際、家の中が物だらけで散らかっていると、必要な物の場所がわからず、家族に迷惑をかけてしまいます。

さらに、50代は老後に向けて必要な物と不要な物の判断がしやすい時期です。子どもが成長して家を出るなど、家族構成や環境に変化が生じることが多く、老後をイメージしやすくなります。今後のライフプランで使うかどうかを基準に考えれば、断捨離の判断がしやすくなるでしょう。

以上のように、50代は断捨離に適したタイミングと言えます。シニアに突入する前に持ち物を整理し、より住みやすい環境を整えておくことをおすすめします

50代は断捨離しない方がいい?批判派の主張

断捨離は良いことだと思われがちですが、中には50代で断捨離をすることに反対する意見もあります。批判派の主な主張は以下の3つです。

  1. 家族とトラブルになるから
  2. 年金生活になると新しいものを買えないから
  3. 今までやらなくても50年間平気だったから

家族とトラブルになる可能性があるのは、家族の物を勝手に捨ててしまうことです。特に配偶者の価値観やライフスタイルが固定されている50代では、断捨離の提案をしても拒否されることが少なくありません。

また、年金生活になると新しいものを買うのが難しくなるため、「捨てたら二度と買えない」と考える人もいます。これは特に貯金があまりない家庭で多く見られる主張です。

さらに、「今まで50年間平気だったのだから、これからも大丈夫」という考え方もあります。しかし、これは「現状維持バイアス」とも呼ばれる思考の偏りで、年齢が上がるにつれて強まる傾向があります。

断捨離をするかどうかは、個人の価値観や状況によって異なります。しかし、同世代と比べて健康で部屋も綺麗であれば、無理に断捨離をする必要はありません。一方で、そうでない場合は、断捨離をすることで生活の質を上げられる可能性があります。

50代で断捨離をする際の基本の手順

50代で断捨離を行う際は、以下の5つのステップを踏むことが基本の手順となります。

  1. 片付ける場所を決める
  2. 決めた場所にある物をいったん全て出す
  3. 物を必要・不要・保留の3つに分類する
  4. 不要な物の処分を業者に依頼する
  5. 保留に入れたものは1ヶ月後にもう一度考える

まず、片付ける場所を決めることが重要です。50代になると持ち物が多くなるため、範囲を限定せずに作業を始めると途中で嫌になってしまうからです。タンスの上2段のみや、台所のシンク下など、なるべく狭い範囲から手をつけるのがおすすめです。

次に、決めた場所にある物を全て出します。物が入ったまま片付けを進めても、必要と不要の判断が難しくなるため、一気に物を出してしまいましょう。

そして、出した物を必要・不要・保留の3つに分類します。毎日のように使う物は必要、今後絶対に使わない物は不要、あまり使用頻度が高くないが捨てる判断が難しい物は保留としてください。

不要な物の処分は業者に依頼するのが効果的です。50代は体力的に衰えが見え始める年代のため、家具などの重い物や粗大ゴミの処分に時間がかかる場合は、無理をせずプロに任せましょう。

最後に、保留に入れた物は1ヶ月後に再考します。保留の物は捨てるか迷う物ばかりですが、時間をおいて改めて考えることで、冷静に判断できるようになります。

以上の手順を踏むことで、50代でも無理なく断捨離を進められるでしょう。

みんなはこうした!断捨離の捨てる基準

断捨離を進める上で最も難しいのが、捨てる物の選別です。そこで、多くの50代が実践している、衣類、本や雑誌、食器、手紙類や書類、人間関係における捨てる基準を紹介します。

衣類の処分基準と保管する数の目安

衣類は一般的に、女性は100枚前後、男性は80枚前後を目安に断捨離すると良いでしょう。処分するべき衣類は以下のようなものです。

  • 着心地があまり良くない服
  • コーディネートがしづらい服
  • 体温調節が難しい服
  • 動きづらい服
  • 現在の体型にあっていない服
  • 古いデザインだとはっきり分かる服

一方、保管するべき衣類は次のようなものです。

  • 着る頻度の高い服
  • 他のアイテムとあわせやすい服
  • 現在の体型にあっている服
  • シンプルなデザインの服
  • 思い入れの強い服
  • 冠婚葬祭用の服

本や雑誌の処分基準と保管のコツ

本や雑誌は、本棚に収納できる量を保管し、残りは処分するのが基本です。処分するべきものは次のようなものです。

  • 古いファッション誌
  • 掲載されている情報が古い本
  • 途中まで読んだものの、つまらないと感じた本
  • まだ読んでいないものの、読む気が起きない本

反対に、保管するべきものは以下の通りです。

  • 今後も読み返したい本
  • 思い入れのある本
  • 趣味に関する本や雑誌

食器の処分基準と保管のポイント

食器は、重い物や欠けている物、家族の人数以上ある物を中心に処分しましょう。具体的には次のようなものです。

  • 重い食器
  • 他の物と似た食器(マグカップが5つなど)
  • 家族の人数以上ある食器(家族が2人なのに茶碗が5つなど)
  • 欠けていたり、汚れたりしている食器
  • 使いづらい食器

保管するべき食器は、毎日のように使う物や使用頻度の高い物に限定します。

手紙類や書類の処分基準と保管する物

手紙類や書類は、事務的な物や古い物から処分するのがおすすめです。例えば以下のようなものが該当します。

  • ダイレクトメールやチラシ
  • 古いカタログや新聞・レシート
  • 古いノートやメモ
  • 1年以上前の光熱費や通信費の請求書
  • 事務的な内容の手紙
  • もう連絡する可能性の低い人の名刺
  • 古い年賀状

一方、家族や友人からもらった手紙や保険証書など、思い出の品や重要な物は保管しておきましょう。

人間関係の断捨離方法とコツ

人間関係の断捨離は、自分から連絡しない、誘いを断る、SNSのつながりを解除するなどの方法で、徐々に距離を取るのが効果的です。特に、以下のような人とは縁を切るのが賢明です。

  • 一緒にいるとストレスを感じる人
  • 会うとネガティブな会話ばかりする人
  • 仕事の都合などで仕方なくつきあっている人
  • 話が合わない人

50代は新しい出会いに目を向けたり、自分のことを大切にしてくれる人だけと付き合うことで、人間関係をリセットしましょう。

50代の断捨離でありがちな失敗

50代で断捨離を行う際、注意しないとありがちな失敗があります。代表的なものは以下の3つです。

  1. 二度と手に入らない物を安易に捨ててしまう
  2. 自分以外の所有物を確認なく捨ててしまう
  3. 無くなると生活の質が下がってしまう物を手放す

二度と手に入らない物を安易に捨ててしまうのは最も大きな失敗です。特に手紙、写真、思い出の品、子どもが作ったものなどは、一度捨てると二度と手元に戻ってきません。50代の現時点では必要ないと思っても、老後になって後悔するケースは多いのです。このような物は、タブレットで写真を撮るなどして、思い出を残しつつ量を減らすことがポイントです。

また、自分以外の所有物を確認なく捨ててしまうのも問題です。例えば、妻が夫の物を勝手に処分してしまうなどです。その物の価値は所有者にしかわからないため、他人には一見ガラクタに見えても、実は大切なコレクションや貴重な品である可能性があります。家族の所有物は、必ず本人に確認し、納得の上で捨てる物を選んでもらいましょう。

さらに、無くなると生活の質が下がってしまう物を手放すのは避けるべきです。断捨離に夢中になり、快適な生活に必要な物まで処分してしまうと、かえって住みづらい環境になってしまいます。生活に直結する物は、最初から「必要・不要」の分類に入れず、慎重に判断することが大切です。

このように、50代の断捨離では、安易な判断や思い込みで物を捨てると、取り返しのつかない失敗につながります。一つ一つの物と向き合い、丁寧に選別していく姿勢が求められるでしょう。

後悔しない断捨離をするためのポイント

50代で断捨離を行う際、後悔しないためには以下の3つのポイントを意識することが大切です。

  1. 物の処分を目的としない
  2. 迷った物は保留ボックスに入れる
  3. 明らかにゴミとわかる物や劣化している物から捨てる

まず、物の処分を目的としないことが重要です。断捨離に夢中になると、物を捨てること自体が目的になってしまい、必要な物まで手放してしまいがちです。そうなると、断捨離後の生活が住みにくくなるだけでなく、そもそも断捨離した意味が失われてしまいます。常に「この物は自分の生活を豊かにしてくれるか」を基準に、処分する物を選ぶようにしましょう。

次に、迷った物は保留ボックスに入れておくのがおすすめです。50代はまだ時間に余裕があるので、無理に物を捨てる必要はありません。判断に迷う物は一旦保留ボックスに入れ、しばらく時間をおいてから改めて考えるようにします。その際、「自分は老後をどのように過ごしたいか」「特に大切にしたい思い出は何か」といった観点から、保管する物と処分する物を見極めていきましょう。

最後に、明らかにゴミとわかる物や劣化している物から捨てていくのが効果的です。断捨離の初期段階では、ひとつひとつの物の判断に時間がかかってしまいます。そこで、まずは古い新聞や汚れた食器など、明らかに不要とわかる物を処分することで、全体の物量を減らすことから始めるのが良いでしょう。その上で、老後に本当に必要かどうかを基準に、残りの物を仕分けていきます。

以上のポイントを意識することで、50代でも後悔のない断捨離を実現できるはずです。大切なのは、自分にとって本当に必要な物だけを残すことを目指すということ。迷いが生じたら、一旦立ち止まって考えるゆとりを持つことも必要です。焦らず、自分のペースで断捨離を進めていきましょう。

50代でシンプルライフを送るために整理すべき場所

50代でシンプルな暮らしを実現するには、特に以下の場所の整理がおすすめです。

  • キッチン:吊戸棚にある物は捨ててかまわない
  • 和室:来客用布団は捨ててレンタルにする
  • 風呂場:物が少ないので判断しやすい

キッチンの吊戸棚にある物は、ほとんどが不要と考えて良いでしょう。日常的に使う物は、手の届く場所に収納されているはずです。吊戸棚に入っている物の多くは、3年以上使っていないものばかり。思い切って処分してしまいましょう。

和室にある来客用布団は、捨ててレンタルに切り替えるのがおすすめです。布団は場所を取るだけでなく、ダニの温床にもなります。現代では、布団のレンタルサービスも充実しているので、来客用に常備しておく必要はありません。むしろ、定期的に清掃されるレンタル布団の方が、衛生的だと言えるでしょう。

風呂場は、そもそも物が少ないので、断捨離の判断がしやすい場所です。ここから片付けを始めれば、少ない労力で達成感を得られ、断捨離へのモチベーションを高められます。

このように、50代でシンプルライフを目指すなら、使用頻度の低い場所や、衛生面で問題がある場所から、重点的に整理していくと良いでしょう。

終活や断捨離はプロに相談するのがおすすめ

断捨離を含む生前整理は、自分一人で進めるのは大変です。特に相続など法律や税金が絡む作業は、専門家の助言が欠かせません。

そこで、終活や断捨離を検討中なら、プロに相談するのがおすすめです。生前整理の専門家は、単に片付けの手伝いをするだけでなく、相続などの法的な問題についてもアドバイスしてくれます。

例えば、全国800以上の士業ネットワークを持つ業者なら、お客様の状況に合わせて、弁護士、司法書士、税理士など適切な専門家を紹介してくれるでしょう。

生前整理は「人生の締めくくり」とも言える大切な作業です。その第一歩として、まずは気軽にプロに相談してみるのが良いでしょう。

終活や生前整理の専門家に相談するメリットは以下の通りです。

  • 片付けの手間や時間を大幅に削減できる
  • 相続など法律面での不安を解消できる
  • 遺品の買取や処分を適切に進められる
  • 故人の思いを尊重しつつ、円滑に作業を進められる

「まだ早いかな」と思うかもしれませんが、生前整理はできるだけ早めに取り組むことが大切です。もし少しでも興味があるなら、まずは無料相談などを利用して、プロの意見を聞いてみましょう。

きっと、終活や断捨離に対する不安が和らぐはずです。また、具体的にどう進めていけば良いのかが見えてくるでしょう。

生前整理は一人で抱え込む必要はありません。プロの力を借りながら、自分らしい人生の終え方を実現していきましょう。

【まとめ】50代こそ断捨離のチャンス!失敗しない片付けのポイント

50代は、断捨離に取り組むのに最適な時期です。

体力や気力が十分にあり、老後に向けて必要な物を見極めやすいからです。ただし、安易に物を捨てすぎると後悔することもあるので注意が必要です。

断捨離は、自分にとって本当に大切な物を見極める作業だと言えるでしょう。迷った時は、プロに相談するのも一つの手です。あなたも、断捨離を通じて、充実した50代を送ってみませんか。

関東1都3県で家財整理にお悩みなら「解決・空家サポート」にお任せください

関東1都3県(東京・埼玉・神奈川・千葉)で家財整理や残置物処分にお悩みなら「解決・空家サポート」にお任せください!

経験豊富なスタッフが丁寧迅速に作業いたします。

お見積りは当然無料です。もちろんお見積り後の追加料金もありません。ぜひお気軽にお問い合わせください。

このコラムの監修者

監修者:秋元 弥一郎
秋元 弥一郎FP / 空家コンサルタント/ 宅建士 

宅建士・ファイナンシャルプランナー・空き家相談アドバイザー・家財整理コンサルタント、等。
不動産業界10年以上の経験と、空き家の利活用から家財撤去まで幅広い経験を活かしながら、執筆者・監修者として活動中。

【著書】
自分ゴトとしての空き家問題今日から始める生前整理、など

家財の処分・空き家管理などは
解決・空家サポートに
お任せください

WEBからの無料見積り依頼。24時間受付中
LINEからメッセージを送る。すぐ遅れる。
お気軽にお問い合わせください!0120-221-161(042-439-6797)[受付] 9:00 ~ 18:00(水・日・祝を除く)

このコラムを執筆した人

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポートは、数多くの空き家等にまつわるお悩みを解決してきました。
ゴミ屋敷の家財整理や残置物処理、空き家の定期巡回、庭木の剪定、古くなったお住まいの解体などのお悩み解決の経験を活かし、お悩み解決に役立つコラムをお届けします。

会社概要はこちら

関連する記事