解決!空家サポートコラム

【必要?】防犯カメラで空き家のリスク対策!

防犯カメラで空き家のリスク対策!

最近、空き家への不法侵入や窃盗、放火など、空き家にまつわる犯罪の報道をよく耳にするようになってきました。

空き家は誰も住んでおらず、人の目がないため、犯罪者にとって格好のターゲットになりがちですが、防犯カメラを設置することで犯罪リスクをある程度軽減することができます。

本コラムでは、防犯カメラの選び方や設置のポイントに加え、カメラ以外の防犯対策についてもご紹介します。

空き家の防犯対策に頭を悩ませているオーナーの皆さんの参考になれば幸いです。

空き家の防犯対策に防犯カメラは必要不可欠?設置前に知っておくべきこと

空き家は犯罪者にとって格好のターゲットになりやすいため、適切な防犯対策が不可欠です。

防犯カメラの設置はその中でも特に効果的な手段ですが、メリットとデメリットをよく理解した上で、慎重に導入を検討する必要があります。

ここでは、空き家の防犯対策における防犯カメラの重要性と、設置前に知っておくべきポイントを解説します。

放置された空き家が狙われる!?防犯対策の重要性

近年、全国的に空き家の数が増加傾向にあり、それに伴い空き家が犯罪のターゲットになるケースも増えています。

空き家は、所有者が長期不在であるため、定期的な管理や監視が行き届きにくく、犯罪者にとって魅力的な標的となってしまうのです。

空き家が狙われやすい理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 人目につきにくく、犯行が発覚しにくい
  • 長期間の不在で、侵入や盗難に気づかれにくい
  • 防犯設備や施錠が不十分なことが多い
  • 隣人や地域コミュニティとのつながりが薄い

空き家が犯罪に利用された場合、所有者は財産的な損害だけでなく、法的責任を問われる可能性もあります。また、空き家の犯罪は地域の治安悪化につながり、周辺住民の生活の質にも影響を及ぼします。

防犯カメラ設置で空き家を守る!そのメリットとは?

空き家に防犯カメラを設置するポイント
●玄関や門扉など敷地の入口が映るように
●窓や勝手口など侵入経路になりそうな場所
●隣家の敷地などをむやみに録画しないように注意!

空き家の防犯対策として、防犯カメラの設置が注目されています。防犯カメラには、以下のようなメリットがあります。

犯罪抑止効果が高い

防犯カメラの存在自体が、犯罪者に対する強力な抑止力となります。
カメラに監視されている状況では、犯行のリスクが高くなるため、犯罪者は空き家に近づきにくくなります。
また、防犯カメラの映像は犯罪の証拠となるため、犯行を思いとどまらせる効果も期待できます。

遠隔での監視が可能

最新の防犯カメラは、インターネットを通じて遠隔からの監視が可能です。
スマートフォンやパソコンで、リアルタイムの映像をチェックしたり、録画された映像を確認したりできるため、離れた場所からでも空き家の状況を把握することができます。
これにより、不審な動きがあった場合にも迅速な対応が可能になります。

証拠の収集に役立つ

万が一、空き家で犯罪が発生してしまった場合、防犯カメラの映像は犯人特定の重要な手がかりとなります。
高画質の映像であれば、犯人の特徴や行動を詳細に記録できるため、警察の捜査に大きく貢献することができます。
また、防犯カメラの存在が知られていれば、犯人は証拠を残すリスクを恐れて、犯行を思いとどまる可能性もあります。

所有者の法的リスクを軽減できる

前述のとおり、空き家の所有者は、適切な管理と防犯対策を怠ると法的責任を問われるリスクがあります。
防犯カメラを設置することで、所有者が防犯対策に積極的に取り組んでいることを示すことができ、法的責任を問われるリスクを軽減することができます。
また、犯罪が発生した場合にも、防犯カメラの映像が所有者の無過失を証明する有力な証拠となり得ます。


このように、防犯カメラの設置は、空き家の防犯対策において多くのメリットがあります。犯罪抑止、遠隔監視、証拠収集、法的リスクの軽減など、所有者にとって大きな利点となるでしょう。

ただし、防犯カメラの導入には、プライバシーへの配慮や適切な機器選定、運用コストなどの課題もあります。次のセクションでは、防犯カメラ設置のデメリットと、導入前に考慮すべきポイントについて解説します。

防犯カメラのデメリットとは?設置前に考慮すべきポイント

防犯カメラの設置には多くのメリットがある一方で、導入前に考慮すべきデメリットやポイントもあります。

プライバシーへの配慮が必要

防犯カメラは、空き家の周辺環境も記録することになるため、近隣住民のプライバシーに配慮する必要があります。
特に、カメラの設置位置や撮影範囲によっては、隣家の敷地や窓が映り込んでしまう可能性があります。
こうした問題を避けるため、カメラの設置位置や角度を適切に調整し、必要以上に他者のプライバシーを侵害しないよう注意が必要です。

機器選定と設置方法が重要

防犯カメラの効果を最大限に発揮するためには、適切な機器選定と設置方法が重要です。
カメラの画質、夜間撮影機能、耐久性、録画方式など、空き家の特性に合わせた機器を選ぶ必要があります。
また、カメラの死角をなくすための設置位置の工夫や、配線の隠蔽、安全な電源確保など、設置方法にも注意が必要です。こうした点を考慮せずに安易に導入すると、十分な防犯効果が得られない可能性があります。

運用コストがかかる

防犯カメラの導入には、機器の購入費用だけでなく、設置工事費、電気代、メンテナンス費用などの運用コストがかかります。
特に、遠隔監視機能を利用する場合は、通信費用も発生します。こうしたコストを長期的に負担できるかどうか、事前に十分な検討が必要です。
また、機器の故障や破損に備えて、保守サポートの体制を確認しておくことも大切です。

法的規制への対応が必要

防犯カメラの設置や運用には、個人情報保護法などの法的規制が適用される場合があります。
特に、公道や他者の敷地が撮影範囲に入る場合は、看板の設置などにより撮影を明示する必要があります。


以上のように、防犯カメラの設置には、プライバシーへの配慮、機器選定と設置方法、運用コスト、法的規制への対応など、様々な考慮点があります。

これらの点を事前に十分に検討し、適切に対応することで、防犯カメラのデメリットを最小限に抑えながら、そのメリットを最大限に活用することができるでしょう。

空き家の防犯カメラ選びと設置の注意点

防犯カメラの導入を検討する際、機器選びと設置方法は非常に重要なポイントです。ここでは、空き家に合わせた防犯カメラの選び方と、効果的な設置のための注意点を詳しく解説します。

防犯カメラの種類と特徴 – あなたの空き家に最適なのは?

防犯カメラには、様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。主なカメラの種類と特徴は以下の通りです。

  • アナログカメラ
    従来型のカメラで、導入コストが比較的安い。画質は標準的だが、長距離配線では映像が劣化しやすい。
  • ネットワークカメラ(IPカメラ)
    デジタル映像をネットワーク経由で伝送するカメラ。高画質で、遠隔監視に適している。導入コストはアナログカメラより高め。
  • 無線カメラ
    配線工事が不要で、設置の自由度が高い。電波の届く範囲が限られ、電波干渉の影響を受けやすい。
  • 赤外線カメラ
    暗闇でも撮影可能な赤外線機能を持つカメラ。夜間の監視に効果的。
  • バレット型カメラ
    屋外設置に適した防水・防塵仕様のカメラ。設置場所が限定されるが、高い耐久性を持つ。
  • ドーム型カメラ
    球形の筐体に収められたカメラ。目立ちにくく、広角撮影が可能。

空き家の特性に合わせて、必要な機能を備えたカメラを選ぶことが重要です。例えば、夜間の監視が必要な場合は赤外線カメラ、遠隔監視を行いたい場合はネットワークカメラ、屋外設置が必要な場合はバレット型カメラなどがおすすめです。

また、カメラの画素数や録画方式、電源方式なども確認しておきましょう。高画素のカメラは、より鮮明な映像を記録できます。常時録画か動体検知録画かで、必要な記録媒体の容量も変わってきます。

電源については、コンセントが使える場所か、バッテリーや太陽光発電などの独自電源が必要かを検討しましょう。

防犯カメラの設置場所 – 空き家の防犯に効果的な配置方法

空き家の防犯カメラを設置する際、侵入経路となりやすい場所を重点的に監視することが大切です。ここでは、空き家の防犯に効果的なカメラの設置場所を解説します。

玄関や勝手口などの出入口

空き家への主要な侵入経路となる玄関や勝手口には、必ず防犯カメラを設置しましょう。出入口の内外両方を撮影できるよう、カメラの位置と向きを調整することが大切です。

敷地の入口や駐車場

不審者が敷地内に侵入する際、まず通過するのが敷地の入口や駐車場です。これらの場所にカメラを設置することで、侵入者の姿を早い段階で捉えることができます。

窓(特に1階の窓)

窓は、玄関以外の侵入経路として狙われやすい場所です。特に、1階の窓や後方・脇の窓は注意が必要です。窓の近くにカメラを設置し、不審な動きを監視しましょう。

死角をなくすための工夫

防犯カメラの死角となる場所をなくすことも重要です。玄関周りの死角や、窓の死角にも注意が必要です。必要に応じて、複数のカメラを組み合わせて死角をカバーしましょう。

防犯カメラ以外の空き家向け防犯対策

防犯カメラは空き家の防犯対策として非常に有効ですが、それ以外にも様々な防犯グッズを活用することで、より多角的に空き家を守ることができます。

ここでは、防犯カメラと併せて使いたい空き家向けの防犯対策を紹介します。

センサーライトで不審者を寄せ付けない!

センサーライトは、人や車の動きを感知して自動的に点灯するライトです。不審者が近づくと突然ライトが点灯するため、犯行を躊躇させる効果が期待できます。空き家の場合、以下のような場所に設置するのが効果的です。

  • 玄関や勝手口などの出入口
  • 窓の近く(特に1階の窓)
  • 庭や駐車場などの敷地内

センサーライトは、防犯カメラと連動させることでさらに効果的です。ライトが点灯した時に、カメラが作動するよう設定しておけば、不審者の姿を撮影できる可能性が高まります。

ただし、センサーライトの感度が高すぎると、小動物の動きでも反応してしまい、頻繁に点灯してしまうことがあります。感度の調整や、センサーの向きを工夫することが大切です。

空き家の窓や扉の補強で侵入を防ぐ

窓や扉は、空き家への主要な侵入経路となります。これらを補強することで、侵入を防ぐことができます。

窓の補強方法

  • 補助錠の取り付け(ピンロック、チェーンロックなど)
  • 窓ガラスへの飛散防止フィルムの貼り付け
  • 面格子や横格子の設置

扉の補強方法

  • ドア枠の補強(ストライクプレートの取り替え、補強プレートの取り付けなど)
  • 扉自体の補強(鋼製扉への交換、扉の内側への補強板の取り付けなど)
  • 二重ロック、電子ロックの導入

窓や扉の補強は、プロに依頼することをおすすめします。適切な方法で施工することで、確実な防犯効果が期待できます。


空き家の防犯対策はとても重要です。特に空き家の中に家財が残されている状態のまま放置されていると、空き巣に入られたときの被害が大きくなります。
空き家に残された家財整理をご検討される際はぜひ一度ご相談ください。

空き家の片付けはお任せください!

【まとめ】防犯カメラで空き家のリスク対策!

本コラムでは、空き家の防犯対策における防犯カメラの重要性と、その選び方や設置方法のポイントについて詳しく解説してきました。

空き家の防犯対性を高めるためのポイントを最後にまとめます。

  1. 防犯カメラを設置し、侵入経路や死角になりやすい場所を重点的に監視する
  2. 空き家の特性に合わせて、適切な種類の防犯カメラを選択する
  3. プライバシーや法的規制に配慮しつつ、機器の設置と運用を行う
  4. センサーライトや窓・扉の補強など、防犯カメラ以外の防犯グッズも併用する

これらの対策を総合的に実施することで、空き家の防犯力を大幅に高めることができるでしょう。ただし、すべてを一度に実現するのは難しいかもしれません。まずは、防犯カメラの設置から始めて、徐々に他の対策を取り入れていくのが現実的です。

大切なのは、防犯対策を継続することです。犯罪者は、隙を狙ってやってきます。ですから、防犯カメラの設置で満足することなく、定期的な見回りや周辺との連携を怠らないようにしましょう。

このコラムの監修者

監修者:秋元 弥一郎
秋元 弥一郎FP / 空家コンサルタント/ 宅建士 

宅建士・ファイナンシャルプランナー・空き家相談アドバイザー・家財整理コンサルタント、等。
不動産業界10年以上の経験と、空き家の利活用から家財撤去まで幅広い経験を活かしながら、執筆者・監修者として活動中。

【著書】
自分ゴトとしての空き家問題、今日から始める生前整理、など

家財の処分・空き家管理などは
解決・空家サポートに
お任せください

WEBからの無料見積り依頼。24時間受付中
LINEからメッセージを送る。すぐ遅れる。
お気軽にお問い合わせください!0120-221-161(042-439-6797)[受付] 9:00 ~ 18:00(水・日・祝を除く)

このコラムを執筆した人

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポート 編集部

解決・空家サポートは、数多くの空き家等にまつわるお悩みを解決してきました。
ゴミ屋敷の家財整理や残置物処理、空き家の定期巡回、庭木の剪定、古くなったお住まいの解体などのお悩み解決の経験を活かし、お悩み解決に役立つコラムをお届けします。

会社概要はこちら

関連する記事